テーマ:勉強法

教材を音声化する

音声教材の利用はメリットがあります。視覚に加えて聴覚を併用することで、記憶に残りやすくなります。また、別の事をしながら学習することも可能です。通勤・通学の時間に勉強するのは典型的です。 ただ、このスタイルの勉強法にも弱点はあります。最大の弱点は、優れた音声教材が少ないことではないでしょうか。受験勉強用に音声教材を利用しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マインドマップを活用してみよう

知識は上手に整理すると、理解および記憶が容易になります。ひと手間かけても、自分好みの形にまとめると後が楽です。まとめる形は視覚的に把握しやすいスタイルがよいので、テキスト(文章、文字)よりは図表(絵)の方が効果的です。 世の中にはいろいろな図表がありますが、特におすすめなのはマインドマップです。マインドマップの構造上、関連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強は知識の出し入れの繰り返し

突き詰めて考えると、勉強で行うこととは知識の出し入れの繰り返しです。まずは、今まで知らなかった知識を仕入れるところから始まります。これが最初の知識のインプットになります。 その後、問題を解くなど、その知識を使えば、それは知識のアウトプットになります。場合によっては、最初のアウトプットを行う前に再度インプットのし直しをするこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習ごとに勉強対象を減らす

常識的に考えて、毎回の復習で同じ内容を勉強するのは効率的ではありません。十分に身についたところは復習から外すのが効率的です。もちろん、その後ずっと復習しないという意味ではなく、要所要所で再び確認することが必要ですが、毎回復習する必要はありません。 1つの勉強法として、1回の復習にかける時間をなるべく短くして、そのかわりに復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネットの利用

いまどき、勉強にインターネットを活用しない手はありません。どのように活用できるかは、勉強している目的やジャンルによって様々でしょう。 例えば大学受験であれば、インターネットで過去問の情報を集めることができます。予備校のサイトで登録することにより、いろいろな大学の過去問を集めることが可能です。 また、効果の高い教材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標のある勉強はプロジェクト

目標のはっきりしている勉強は、個人で行う超小規模なプロジェクトであると考える事もできます。ゴールが明確で、その期限も厳密に設定されている場合、プロジェクトの要件を満たしていると思われるからです。 受験勉強は、もっともわかりやすい例でしょう。ゴールは試験に合格する事(もしくは所定の得点を獲得する事)、そして、期限は試験日です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚えた知識を使えるようにする

勉強して覚えた内容は、応用できないと試験のときに役に立ちません。覚えたそのままの形で聞いてくる設問はほとんど無いからです。何らかの応用問題の形で出題されるわけです。 知識の理解度は様々なレベルがあります。 まず、ぎりぎりで思い出せるレベル。 ほとんどの試験には通用しないでしょう。 次に、その知識自体は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手なところは集中的に攻略する

誰しも、苦手なジャンルはあるものです。たとえ秀才であっても、自分のなかで相対的に苦手だというジャンルはあります。しかも、好き嫌いと必ずしも一致しないこともあります。 苦手なジャンルだと自分で認識できれば、集中的に攻略して苦手意識を解消することは可能です。一般的に試験勉強とは「パターン学習」であり、そのパターンに習熟すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイノーラルビートで集中力アップ

バイノーラルビートはシータ波を優位な状態にさせ、集中力・記憶力を向上させる効果があります。 バイノーラルビートを使用した「集中力プラス!」は4種類のカテゴリの中から目的に合わせた音を聴くことができるアプリ。 学習の効率向上や発想力の向上、リラックスしたいときに好みのBGMで作業しやすい環境を作ることができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やり遂げられる勉強の計画

勉強の計画というものは、立てている時にはいろいろと盛りだくさんにしてしまったりするものです。しかし、そのような計画はやり遂げられません。挫折してしまいます。 挫折するのは、実践時に躓くことを十分に考慮していないからです。 想定外の理由で予定より遅れたり、勉強内容が予想よりはるかに大変だったり、・・・いろいろな事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習をセットアップしてくれるアプリ

最近、復習をセットアップしてくれるiPhoneアプリを見つけました。【究極英単語】という英語関係の学習アプリで、やる気のある人にはなかなか良さそうです。 【究極英単語】とはいっても、いろいろなジャンルに分かれており、英単語だけを学習するものではありません。日常英会話・実用英会話・海外旅行英会話・TOEIC・TOEFL・英検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音声教材を速聴する

音声教材を速聴するという勉強スタイルには、速読と同様な効果があります。速読の記事から該当するメリットを抜き出すと、 ★ 同じ時間で何回も復習できる ⇒ 記憶に効果 ★ 頭を活性化する ⇒ 勉強全般に効果 ★ 勉強の進捗を実感できる ⇒ モチベーションに効果 は、間違いなく該当するでしょう。 その他に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速読を心がけるメリット

試験勉強において、速読にはいくつものメリットがあります。たとえば、 ★ 同じ時間で何回も復習できる ⇒ 記憶に効果 ★ 情報収集能力が上がる ⇒ 受験情報の収集に効果 ★ 頭を活性化する ⇒ 勉強全般に効果 ★ 勉強の進捗を実感できる ⇒ モチベーションに効果 ★ 問題文を短時間で読める ⇒ 本番の時間不足対策に効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強の本質とパターン学習

勉強の本質は、知識を理解し、記憶し、それを利用できるようにすることです。従って、記憶した後に、利用するための練習をしなければなりません。 そうなんですね。自由自在に使いこなすためには練習が必要なのです。これは、スポーツの練習と同じで、体が自然に反応するようにするためです。(もちろん、勉強の場合には“頭”が自然に反応するように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「概要から詳細へ」という勉強法

例えば、ある科目を1年かけて勉強するとしましょう。「科目」は何でも構いません。数学でも、日本史でも、民法でも、英文法でも・・・。 ここで避けたいのは、分厚いテキスト・参考書を最初から丁寧に勉強していくという方法です。理解や記憶の観点から見て、効率が悪すぎます。 それでは、効率の良い勉強法とは・・・ まずは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスターできたかチェックする方法

勉強をスピードアップするには、 ● 自分が十分にマスターしたところ ● 自分がまだマスターできていないところ ● これから取り掛かるところ の3つを常に把握しておく必要があります。そうする事によって、限りある時間と労力を、有効に使うことができるからです。 マスターできたところを一生懸命勉強して、マス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習のベストタイミング

勉強した内容を記憶として定着させるには、何回も復習(=チェック+再記憶)を行う事が不可欠です。 ただし、やみくもに復習をすればよいというものではありません。 復習には、効果の高いベストタイミングがあるのです。 基本は、 勉強した内容を30~40%忘れたとき ・・・(※) です。 例えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶の効率化

記憶作業を効率化することは、勉強のスピードアップに大きく貢献します。 記憶作業を効率化するポイントは色々ありますが、重要なポイントとしては次のようなものがあります。 ■ インパクトを強くする工夫 記憶には短期記憶と長期記憶があり、脳の格納領域が異なります。勉強したことはまず短期記憶(の領域)に入り、重要だと認識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more