マインドマップを活用してみよう


知識は上手に整理すると、理解および記憶が容易になります。ひと手間かけても、自分好みの形にまとめると後が楽です。まとめる形は視覚的に把握しやすいスタイルがよいので、テキスト(文章、文字)よりは図表(絵)の方が効果的です。


世の中にはいろいろな図表がありますが、特におすすめなのはマインドマップです。マインドマップの構造上、関連する知識のネットワーク全体をすっぽり表現できるからです。一目で内容の大まかな構成が把握できます。


マインドマップでは、連想で思い出せる語句の間が線で結ばれます。そのため、覚えた事を思い出しやすいという特長があります。つまり、記憶の面からもおすすめのまとめ方なのです。


ただし、何でもかんでもマインドマップでまとめようとするのは無理があります。元の情報が2次元の表の形で表されている場合は、やっぱり表が一番適している事が多いです。マインドマップは強力ですが、1つの表現手法にこだわるのではなく、臨機応変に最適な表現方法を選択するようにしましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0