覚えた知識を使えるようにする


勉強して覚えた内容は、応用できないと試験のときに役に立ちません。覚えたそのままの形で聞いてくる設問はほとんど無いからです。何らかの応用問題の形で出題されるわけです。


知識の理解度は様々なレベルがあります。


まず、ぎりぎりで思い出せるレベル。
ほとんどの試験には通用しないでしょう。


次に、その知識自体は余裕でわかるものの、背景になる知識が乏しかったり、応用するほど深く理解していないレベル。当然、応用問題には対応できないでしょう。


そして、背景知識や応用力も十分にあるレベル。
このレベルに達していないと、難関試験合格は厳しいです。


受験勉強では、何とか理解し、暗記しただけでは駄目です。


頭の中にそのジャンルの体系が出来あがっていて、
応用できるようになっていなければなりません。


そのためには、色々なパターンの応用問題をこなすことが必要です。一般的には時間がかかる「トレーニング」ですが、なかなか避けては通れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0