教材を音声化する


音声教材の利用はメリットがあります。視覚に加えて聴覚を併用することで、記憶に残りやすくなります。また、別の事をしながら学習することも可能です。通勤・通学の時間に勉強するのは典型的です。


ただ、このスタイルの勉強法にも弱点はあります。最大の弱点は、優れた音声教材が少ないことではないでしょうか。受験勉強用に音声教材を利用しようと思った時に、自分が受けようとしている試験のための適当な音声教材が無いということはよくあることです。


そんな場合は、自分で自分専用の音声教材を作ってしまうのも1つの方法でしょう。参考書の重要な部分をピックアップし、自分で読みあげて録音すれば簡単な勉強アイテムが出来上がります。その音声ファイルをスマートフォンに入れておけば、外出先でも勉強できます。


自分で読みあげる代わりに音声合成ソフトを利用することも可能です。現在の音声合成ソフトはかなり優秀になってきているので、比較的自然な言葉で読んでくれます。テキストファイルを音声ファイルに変換できるので、テキストファイルさえあれば簡単に音声化できます。(読み方の自然さにこだわり過ぎると難しいかもしれませんが・・・。)