復習回数を増やす努力をしよう


試験勉強の本質はパターン学習です。問題のパターンを理解し、そのパターンの正解を導けるようにするのです。


もちろん、パターンに当てはまらない難問も出題されるかもしれませんが、それは他の受験にとっても難問。合否を左右する問題とはなりません。


という話になれば、試験日までにマスターできていないパターンをいかに減らすか(理想的にはゼロとするか)が重要だ、ということになります。


そこで必要なのが、復習の回数を増やす努力です。マスターしやすいパターン、全然マスターできないパターン、いろいろあります。


それらを復習をしながら選り分けていき、マスターできていないものを集中的に勉強(復習)するのです。だから、どうしても復習の回数を増やす必要があるわけです。


言い換えれば、なるべく復習1回に時間をかけないことが重要です。そこで、問題を解く時の制限時間をどう設定するかがポイントとなります。長すぎれば時間がかかりすぎるし、短すぎれば復習をしたことになりませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0